施設設備

 現在の校舎は昭和58年に竣工した建物です。ロの字型に配置され、本館玄関から普通教室のある北側校舎に向けて、2階建ての中央廊下が貫いています。校舎の中は非常に明るく、しかもゆとりを感じさせます。中央廊下の西側は洋風庭園で、東側の和風庭園には小川や池もあります。
 体育施設も充実しています。バレーコートが4面とれる広さの体育館、山形工業高校と共有の50mのプール、3階建ての独立した武道館、吸水性抜群の広いグラウンドが自慢です。また、他校垂涎の的になっているのが『千歳園山東講堂』です。創立100周年を記念し、同窓会を中心に総力あげて建設したもので、広いステージと全校生徒を収容してもなお余裕のある1008の固定椅子をもつ堂々たる講堂です。集会・儀式の他、各種の演奏会や講演会などに使用され、本校生徒の文化的資質の向上に貢献しています。また、創立120周年記念事業として合宿所(食堂付)が完成し、『千歳園山東会館』と命名されました。同窓生の皆様が、文武両道の本校で一層活躍が期待される部活動に対し、最大限の激励の気持ちを込めて建設してくださったものです。さらに創立130周年記念事業では、西側校門の周辺を整備していただきました。本校の卒業生で世界的なデザイナーである奥山清行氏のデザインによるモニュメントクロックを中心に、広々とした憩いのある空間となりました。

グラウンドから見た本校校舎


千歳園山東講堂


学習室を完備した図書館


和風庭園                洋風庭園


創立120周年記念事業「食堂付き合宿所」
千歳園山東会館




創立130周年記念事業
西側校門周辺整備


モニュメントクロックとストーンスツール