保護者の皆さまへ

連絡 >> 記事詳細

2019/12/18

2020年度(現高2生受験)大学入学共通テスト記述式問題について

| by:管理者

令和元年1218

 

2020年度(現高2生受験)大学入学共通テスト記述式問題について

 

 文部科学大臣は、1720211月に実施される大学入学共通テストにおいて、国語と数学で予定していた記述式問題の導入見送りを発表しました。

 これに伴う問題形式や配点の変更については、文部科学省と大学入試センターが速やかに対応するとしております。ちなみに、当初予定は国語、数学とも小問3問を記述問題とし、国語は全体で100分、マーク式問題200点及び記述式問題の段階表示(現行は80分、200点)、数学は70分、100点(現行は60分、100点)でした。

 この部分を除けば、既に発表している大学入試センターの問題作成方針と出題方法等に基づいて勉強していくことに変わりはありません。不確かな情報に振り回されることなく、これまでどおり学習に取り組むことが必要です。新しい情報が入り次第お知らせいたします。

 

 なお、英語4技能民間試験の大学での活用方針については、1129日公表した国立大学を見る限り、新たに活用をおこす大学はほとんどありませんでした。地元山形大学も、活用しないと発表しました。



09:00